ブラジリアンワックスは商品選びが大切です

女性を中心に大人気の脱毛方法「ブラジリアンワックス」

自分でもキレイにムダ毛を処理できる脱毛方法として、芸能人やモデルさんを中心に使われるようになって、爆発的に広まっています。

特に、女性のVIO(アンダーヘア)をキレイにする「ハイジニーナ」としても注目されていて、ブラジリアンワックスを使ってセルフ脱毛する人は多いです。

自分でもキレイに脱毛できるブラジリアンワックスですが、キレイに脱毛するために大切なことが1点あります。

それは、ブラジリアンワックスの商品選びです。

ブラジリアンワックスの商品の特徴を知りましょう

今、ブラジリアンワックス脱毛は大変人気が高いので、いろいろな商品が販売されています。

一口にブラジリアンワックスと言っても、その種類は豊富です。

・完全無添加の食材のみで作られているもの
・粘着力を高めるために化学成分が配合されているもの
・塗った後に固まる固形タイプのもの

どれが良いどれが悪いというものではなく、それぞれの特徴を知って、自分に合った商品を使わないと、期待した脱毛効果が得られない場合があります。

完全無添加の食材のみで作られているワックス

はちみつ・砂糖・レモンなど、完全な自然食材で作られているブラジリアンワックスです。

肌や毛穴に優しくて、脱毛した後に肌荒れするようなことが一切ありません。

脱毛直後は赤くヒリヒリするときもあるけど、だいたい1日もあれば治まって、ムダ毛のないツルツルのキレイな肌になります。

乾燥肌・敏感肌など、肌が弱くてトラブルになりやすい人は、完全な自然食品のみのブラジリアンワックスを使うことをおすすめします。

化学成分が配合されているもの

「化学成分が配合されている=体に良くない」ではありません。

肌にも優しく作られているので、問題なく使うことができます。

特徴は脱毛力の高さです。

自然食材だけのものよりも脱毛力が高いので、VIO(アンダーヘア)など、ムダ毛が濃くて毛根がしっかりしている部分の処理に最適です。

アンダーヘアや脇毛は、毛根が強いのでどうしても粘着力が必要になります。

粘着力が弱いとムダ毛が残ったり、逆に肌を痛めてしまう場合があるので、ムダ毛が濃いと思う人は、化学成分が配合されている粘着力の高いワックスを選ぶとよいでしょう。

塗った後に固まる固形タイプ

塗った後に固まる固形タイプは、主に液体だと流れ落ちてしまう部分、脱毛しにくい部分に使います。

具体的には、鼻毛の脱毛やお尻の毛(ケツ毛)の脱毛などです。

鼻毛の脱毛は、液体タイプだとワックスが流れ落ちてしまうので、ワックスが固まって固形になるものを使います。

お尻の毛、特にお尻の穴周りの毛(Oライン)は、液体ワックスだと処理しにくいです。

液体タイプは、ワックスを塗ってシートを貼って剥がすという処理手順になりますが、シートが上手く貼れずに処理もしにくいことが多いです。

固形タイプなら、Oラインの細かい部分にも塗ることができて、脱毛するときはワックスだけを剥がすだけです。

結局、どのブラジリアンワックスがいいのか?

総合的に、どのブラジリアンワックスがいいのか?と聞かれれば、完全自然食材で作られている液体タイプのブラジリアンワックスと答えます。

最近のブラジリアンワックスは、自然食品のみで作られているものも粘着力が非常に高くなっています。

アンダーヘアも脇毛も、残すことなくしっかり脱毛することができます。

最大のメリットは肌への負担の少なさです。

せっかくセルフ脱毛してなのに、肌が荒れてしまったり毛穴が赤く腫れてしまったらイヤじゃないですか?

3日後に水着を着る予定があるのに、そこまで肌荒れが残ったり毛穴のブツブツが残ったら意味無いですよね?

そうならないためにも、ブラジリアンワックスの肌への負担の少なさは重要です。

男性並みにムダ毛が濃かったり、鼻毛脱毛するという予定が無い限り、完全自然食材で作られているブラジリアンワックスで十分脱毛できます。

セフルブラジリアンワックスにおすすめの商品は、以下のようなサイトを参考にするとよいでしょう。

参考:セルフブラジリアンワックスにおすすめの商品

いろいろな商品の特徴をつかんで、ぜひ自分にあった商品を選んでください。

ブラジリアンワックスで、手間なくキレイに脱毛できれば、煩わしいムダ毛処理の回数も減らせるし、ツルツル肌が手に入りますよ!