1. ホーム
  2. 疲れの原因と対処法
  3. ≫風邪引いてやる気が出ない!?即効性のある回復法

風邪引いてやる気が出ない!?即効性のある回復法

風邪の治し方

風邪引いてやる気がでない。
寝込むほどじゃないけど、微熱でなんとなくだるい。

本当だったら、消化のいい食事をとってゆっくり寝てしまうのが一番なのですが、どうしても仕事を休めなかったり踏ん張らないといけないときがありますよね。

そんなときにやる気を出す即効性の回復方法をご紹介します。

栄養ドリンク、エネルギーバーなどを食べる

これは定番ですね。
市販の栄養ドリンクやスポーツで使うエネルギーバーなどを食べる方法です。

drink_01

栄養ドリンクもピンきりで、安いものはカフェインなどである意味「ごまかす」効果。高いものは漢方などの滋養強壮成分が配合されていて、一時的に元気になる効果です。

漢方が配合されている滋養強壮ドリンクは、弱った体の栄養分としては効果的なので、栄養ドリンクなら少なくても1,000円レベルのドリンクが必要です。

また、スポーツで使うエネルギーバーなどを食べるのも効果的。

savas_01

体が弱っているときは胃腸の調子も弱っていて、栄養素の吸収率が極端に落ちます。
エネルギーバーは吸収しやすい食品で、即エネルギーに変わる即効性もあります。ランナーが補給食として走りながら食べるくらいですからね。

エネルギーバーはやる気がでないときに結構効きます。

スポーツショップで購入できて日持ちもするので、気づいたときに購入して備えておくことをおすすめします。

気分的にやる気を出す方法

woman_ofuro_01

なんとなく体がだるいとき。
体力的にというよりも、気分的にやる気がでないことがありますよね。

そんなときは、薬用の入浴剤を使ってお風呂に入りましょう。

もちろん、熱が38度以上あるような高熱があるときはお風呂もダメです。単に体力を消耗するだけになってしまいます。

ただ、微熱レベルのだるさなら入浴が効果あり!

・39度以下のぬるめのお湯に
・薬用の入浴剤を入れて
・じっくり20分~30分浸かる

これで体の代謝が良くなって心身ともにリフレッシュします。

やる気をだすことが目的なので、20分が長ければ10分~15分程度でもかまいません。湯冷めしない温まり方で自分が心地いいと思うタイミングでいいでしょう。

薬用の入浴剤を使うのは、疲労回復効果を狙うため。
体の芯から温めて、緊張した筋肉のこりをほぐすのには薬用の入浴剤が完ぺき。

風邪を引いたときにおすすめの入浴剤は、「重炭酸イオンがでる薬用入浴剤」です。

温泉治療先進国のドイツでも実際に使われている成分で、体の芯を刺激して代謝を良くする他、肩こり・腰痛・冷え性・肌荒れなどにも効果があります。

入浴して汗を流して、すっきりサッパリすると気分も切り替えられてやる気がでてきます。簡単にできる方法なので、ぜひ試してみてください。

▼体のダルさを解消する「重炭酸イオンの薬用入浴剤」はコチラ▼

慢性的なやる気のなさを回復する方法

風邪ひいてだるくてやる気がないときもあるけど、
普段の生活でも
・なんとなくやる気がでない
・だるい、倦怠感がある
・疲れやすい
ってことありませんか?

私は40代になって、急に体が疲れやすくなりました。
体が疲れやすくなると、気分的にも落ち込みやすくなって、やる気がでなかったりだるくなったりするんですよね。

このままだと子どもたちの世話で手一杯。そのうち体調を崩して大きな病気とかにもなるんじゃないかと思って、健康サプリを飲み始めました。

そのとき飲み始めたのが「すっぽん小町」という商品。

suppon_01

もちろん今でも継続して飲んでいます。

たまたま見ていて雑誌で、タレントさんが紹介していたのですが、商品の効能・生産者のこだわりに納得して購入しました。

飲み続けて、いまはあの頃のような疲れやすさ・倦怠感もないし、やる気がでなくてダラダラしているということもなくなりました。朝起きる時の目覚めも良くなったので「飲んでよかった~」と感じている商品です。

もし、慢性的なやる気のなさを解消したいのなら、こういった健康サプリ・滋養強壮サプリを試してみるのもいいかもしれませんね。

参考:すっぽん小町を飲み始めたキッカケと続けた体験談

風邪を引かない体質にするために

l137_01

体を守る乳酸菌「L-137」の力で免疫力と抵抗力をつけて風邪を引かない強い体に!

 

よろしければシェアをお願いします。