1. ホーム
  2. 疲れの原因と対処法
  3. ≫脂っこい食事は体を疲れやすくする!?

脂っこい食事は体を疲れやすくする!?

abura_shokuji_01

焼き肉、揚げ物、ラーメン

どれも美味しいですよね!私も大好きです!

毎日だと飽きてしまうけど、濃い食事を食べたい時もあるし、疲れたときなんかは焼き肉を食べてスタミナをつけたい気分にもなりますよね。

でも、脂っこい食事は逆に体を疲れさせてしまいます。

胃もたれとかそういうレベルの話ではなくて、脂っこい食事をとるだけで全身疲労を引き起こすこともあります。

胃腸の調子が悪くなるならわかるけど、なんで全身疲労なんでしょうか?

食べ物の消化は体力を使う

人間の体で一番体力を使うのは「消化」です。

あ、まあもちろん、激しい運動をすればそっちの方が体力を使うかもしれないけど、消化も運動並みの体力を使います。

このことがあまり知られていないので、「疲れたときはスタミナだー」といって、脂っこい食事・消化の良くない食事を食べて、より疲れてしまうことがあります。

本人は疲れの延長と思っているかもしれないけど、それは消化によってより一層疲れてしまったのかもしれません。消化の良い物を食べていれば、本当は疲れがとれていたかもしれません。

abura_shokuji_02

私が「消化に体力を使う」のを身をもって体験したのは、ステーキの食べ放題に行った時のことです。

近所のレストランで「レディースチャレンジ」なるものをやっていて、職場の同僚と行った時に、ステーキ食べ放題にチャレンジしました。

200グラムのステーキを4枚+ご飯2杯+サラダバー2回!

今考えると明らかに食べ過ぎでしたが、当時は調子に乗って食べてしまいました。

異変が起きたのは午後の業務。

もう、全身がダルくて仕方ありません。

体が熱っぽくなって全身疲労が一気に押し寄せてきます。とても仕事どころではありません。

風邪や食中毒とかではなく、ただただ全身疲労が襲ってきます。

結局その日は最後まで疲れがとれず何もすることができませんでした。

風邪をひいた時に、よく消化の良い物を食べてくださいと言われます。

あれは体力が低下して胃腸の働きが悪くなっていることもありますが、消化の悪いものを食べてこれ以上体力を消耗させないためでもあるわけです。

胃腸に負担をかけずに疲労回復する

脂っこい食事、消化の悪い食事は体力を消耗します。

疲れている時にスタミナ食を食べたくなりますが、疲れているときこそ胃腸に負担をかけずに疲労回復することが重要です。

疲労回復と言えば栄養ドリンクです。

drink_01

栄養ドリンクも安いものだとカフェインとかでごまかすだけですが、漢方を使っている少々値段の高い栄養ドリンクなら効果があります。

ドリンクなので胃腸に負担をかけることなく手っ取り早く疲労を回復することができます。疲労回復には理にかなった方法ということですね。

もう一つは疲労回復サプリメントを使用すること。

yawata_ranou_icon

これは一時的な疲れというよりも、慢性的な疲れをとるときに使用しますが、これも疲労回復には効果があります。

慢性的な疲労で毎日疲れているときも、胃腸は弱っている状態です。

脂っこいものが食べたくなかったり、食べても胸焼けや消化不良を起こしてしまうのは、疲れで体が拒否している証拠です。

もちろん疲れをとるためには栄養のある食事をしなければなりませんが、そのために胃腸に負担をかけて体力を消耗してしまうと本末転倒です。

そのために疲労回復サプリメントがあります。

疲労回復サプリメントにも、クエン酸タブレットのようなピンポイントの栄養分を扱ったサプリメントもあれば、にんにく卵黄などの総合的な栄養分を扱ったサプリメントもあります。

慢性的な疲れをとって「疲れにくい体」にするためには、総合的なサプリメントの方が長い目で見た時は有効です。

疲れた時はスタミナ食ではなく、栄養ドリンクやサプリメントです。

なるべく胃腸に負担をかけず、体力を消耗しないで疲労回復することが大切です。

よろしければシェアをお願いします。