1. ホーム
  2. 疲れの原因と対処法
  3. ≫目の疲れの原因と対処法(目の疲労回復方法)

目の疲れの原因と対処法(目の疲労回復方法)

現代社会は「目」を使うことの多い生活です。パソコンやスマホをはじめとする電子機器が中心の生活になっていて、目を酷使しがちです。

目の疲れは、頭痛・肩こりの原因になるし、毎日目を酷使すれば視力低下にもつながります。できるだけ目に負担をかけないようにして、正しい目の疲労回復(アイケア)をするように心がけましょう。

目の疲れの原因

パソコン・スマホ

パソコンやスマホは目を酷使します。現代病といっても言いくらいですね。

目の表面は涙で覆われていて、目の乾燥を守ったり外部の刺激(チリ・ホコリ・細菌)から目を保護する役割があります。

パソコンやスマホを長時間操作していると、目のまばたきの回数が極端に少なくなって涙の量も少なくなります。そうすると、目が乾燥や外部の刺激で疲れやすくなったり、細菌などで感染症になりやすくなります。

睡眠不足

睡眠不足も目の疲れに影響します。まあ、睡眠不足は目の疲れだけじゃなくて、体全体・肩・腰・背中の疲れにも影響しますが。

目の疲れを回復させるためには睡眠が一番です。その睡眠時間が短かったり睡眠の質が悪いと「目が疲れる→睡眠で回復しない→さらに目が疲れる」といった悪循環に陥ってしまいます。

偏食(暴飲暴食)

目の健康・疲労回復に欠かせないのがビタミン。眼精疲労のサプリメントなどにはビタミン群が豊富に配合されてますよね。

ビタミンは野菜や果物から摂取できるので、肉類中心の食事だったり、品数少ない食事(例えばラーメンのみとか)は、栄養バランスも悪いしビタミンが摂取できません。こういった偏った食事も目の疲労に大きく影響します。

メガネやコンタクトが合わない

近視・老眼・乱視といった目の悪さも目の疲れに影響します。また目の悪さを矯正するためのメガネやコンタクトも、自分の視力に合わないと目の疲れを増大させます。

目は近くのも・遠くのものにピントを合わせるために筋肉が動いています。目が悪いといつまで経ってもピントが合わず、常に筋肉が動いている状態になり目が疲れやすくなります。

本来、目が悪い時はメガネやコンタクトで矯正してピントの動きを抑えるのですが、自分の視力に合わないと、結局ピントを合わせるために動きっぱなしになって目が疲れる原因になってしまいます。

目の疲れの予防法

目の疲れは、日頃の生活で注意すればかなり予防することができます。全部完璧にやることは難しいですが、できることからはじめてみましょう。

こまめな休憩・休息

仕事で長時間パソコンを使うときや、事務作業で資料を見たりデスクワークが多い時は、こまめな休憩を入れるようにしましょう。目安は1時間に5分程度目を休めることです。

パソコンや資料から目を外して

  • 目をつぶってまぶたのうえから軽くマッサージする
  • 蒸しタオルなどを乗せる

といったケアをしてみてください。それだけで目はスッキリするし、目がスッキリすると頭や肩もスッキリしてきます。

またマッサージや蒸しタオルが難しい時は、たたボーっと遠くの景色を眺めてください。それだけでも目の疲労回復に効果があります。

パソコンやスマホの距離を離す

パソコンのディスプレイを見る時は40cm以上、スマホを見るときも30cm以上は目から距離を離すようにしましょう。

ディスプレイやスマホに目が近いと、ディスプレイから出る光を間近で受けることになって目が疲れます。ディスプレイから出力される「ブルーライト」も、目が近いほど目に与える影響(ダメージ)が大きくなります。

また、ディスプレイ(画面)を見る時は、自分の目から水平か下の位置に見るように配置しましょう。自分の目より上にあると常に上目遣いの除隊になり、目が疲れやすくなります。

湿度を保つ

目の乾燥は目の疲れを早めます。特に乾燥しやすい冬は目の涙の量も少なくなりがちなので注意が必要です。

目が乾燥しないためにも、加湿器などを利用して室内の湿度を適切に調節するようにしましょう。また、エアコンや扇風機の風が直接目にあたらないようにすることも重要です。

部屋の明るさを保つ

室内(部屋)が暗いことも目の疲れにつながります。周りが暗いと、目が瞳孔を大きく開いてできるだけ光を取り入れて判別しようとします。瞳孔が大きく開いている状態は目も疲れます。

最近はオシャレな間接照明を部屋につける人も多く、雰囲気のある暗めの部屋が流行りです。でもそのままだと目には良くありません。

パソコン・事務作業・読書など手元の目を頻繁に使う時は、手元が明るくなるようにスポットライト明るさを調節するのも効果的です。

目が疲れたときの対処法

目を使いすぎたりして目が疲れた時、目が疲れすぎて頭が痛くなったり肩が痛くなったときの対処法(疲労回復方法)をご紹介します。

目を温める

目を温めることで、目の血行がよくなったり筋肉の緊張がほぐれるので、疲労回復に効果を発揮します。濡らしたタオルなどをレンジでチンして、5分~10分目の上に乗せるだけで目の疲れが軽減されます。

ただ、目が充血していたり夏の暑い時期などは冷やした方が効果があります。乗せて気持ちいいと思う方をその日の気分で変えてみましょう。

湯船にゆっくり浸かる

目の疲れは首や肩の神経や筋肉も疲労します。そのため、目が疲れた時は首や肩のコリをほぐすことで目の疲れが残らないようになります。

1日の首や肩の疲れをとるには、お風呂が効果的です。湯船にお湯を入れてゆっくり浸かります。このとき入浴剤を入れるとより効果的です。

お風呂と入浴剤の疲労軽減効果については以下のページでもまとめてあります。興味がある方はご参考にしてみてください。

お風呂と入浴剤で上手に疲れをとる方法

質の良い睡眠をしっかりとる

目の疲れをとる一番の方法は睡眠をとること。目は起きている限り使われるもので、唯一完全に休めることができるのが寝ているときだからです。

睡眠は、目だけではなく体全体の疲労回復のためにも重要なもの。だからこそ睡眠の質にはこだわりたいところです。

  • 寝具を少しいいものにする
  • 寝る前にコーヒーなどのカフェインはとらない
  • リラックスできるサプリを飲む

など、できる範囲で工夫してみてください。

睡眠の質を上げるための工夫は以下のページでも詳しくまとめてあります。興味がある方はぜひご参考にしてみてください。

眠りの質を良くして疲労を上手にとる方法

眼精疲労回復に効果のあるサプリメントを飲む

眼精疲労回復のためのサプリメントを飲むのも効果的です。

目の疲労回復・視力維持に高い効果があると言われているのがベリー系の果物。ブルーベリー、ビルベリーなどが有名ですが、そのベリー系の果物の成分を凝縮したのが眼精疲労を回復させるサプリメントです。

眼精疲労回復サプリの中でも有名なのが「めなり」という商品です。

  • 目が疲れやすい
  • 目の疲れで頭も痛くなる、肩がこる
  • 目が乾きやすくてコンタクトが疲れる

などといった目の疲れ対策に評判のいいサプリです。長時間パソコンを見たりデスクワークする人にも人気のある商品です。

眼精疲労とめなりの詳しい効果については以下のページでもまとめてあります。興味がある方はぜひご参考にしてみてください。

眼精疲労にスマホ老眼、目の疲れを回復する方法

目の疲れは頭痛や肩こりにつながったりストレスが溜まるものです。日々の生活でちょっとずつ気をつけて、上手に疲労回復していきましょう。

よろしければシェアをお願いします。