1. ホーム
  2. 疲れの原因と対処法
  3. ≫背中が痛い!背中の疲れやダルさの原因とおすすめの解消法

背中が痛い!背中の疲れやダルさの原因とおすすめの解消法

背中の疲れの解消法

背中の疲れやダルさに悩んでいませんか?
背中や肩が疲れていると、なんとなく体全体が疲れたような気分になってイマイチ元気が出てきませんよね。

私も一時期、背中のひどい疲れに悩まされていて、自分でいろいろ調べたり自分でできる対策を試したりしてました。

ひとことで「背中の疲れ」といっても、どの部分が疲れているのか?ダルいのか?によって原因が違います。

  • 背中の上半分くらいが疲れるのか?
  • 背中の真ん中から腰付近が疲れるのか?

今回は、背中の疲れのそれぞれの原因とおすすめの解消法をご紹介します。どれも実際に試して効果を実感している方法なので、ぜひご参考にしてみてください。

背中の疲れの解消法をすぐに見たい方はコチラ

背中が疲れる原因

背中の上半分くらいが疲れる

背中の上半分くらいが疲れる場合に考えられる原因は、肩や背中付近の血行不良です。

肩付近の背中の筋肉付近が血行不良になることにより、乳酸や老廃物といった「疲れのもと」が溜まりやすくなって、全体的に重たくダルいような疲れが残ります。

血行不良になる理由は

  • 睡眠不足
  • 長時間同じ姿勢
  • 目の使い過ぎ

といった直接的な理由もあれば、体の基礎代謝が低下して疲れやすくなることもあります。歳を重ねて40代になってくると、日々の生活だけで疲れやすくなって、背中がダルくなったり痛くなるときがあるんです。

背中の真ん中から腰付近が疲れる

背中の真ん中から腰付近が痛かったりダルかったりする場合は、じん臓や肝臓といった内臓の疲れが考えられます。

じん臓や肝臓は意外と疲れやすい臓器です。よく「沈黙の臓器」などと言われますが、それは本人が気づかないだけで症状は出ています。それが背中の痛みです。

じん臓や肝臓というと「体の中」というイメージで背中の痛みが出るとは思わないですよね?でもじん臓や肝臓の位置は背中側です。特にじん臓は背中のすぐ下にあります。

じん臓や肝臓の疲れの原因は、体全体の疲れです。

じん臓や肝臓は、体の老廃物を浄化して綺麗にする役割があるので、体が疲れて老廃物が溜まってくるとじん臓や肝臓がフル活動することになります。じん臓や肝臓がフル活動すると、当然のことながらじん臓や肝臓自体も疲れてくるので、その疲れが背中のダルさや痛みとして現れてきます。

背中の疲れをとる方法

私が背中の疲れで悩んでいたときに試した解消法をご紹介します。今でも続けている内容なので、背中の痛みや疲れに悩んでいるのなら、ぜひ試してみてください。

ヨガ・ストレッチをする

私がまず試したことが「体を動かすこと」
体を動かすといっても運動ではなくて、自宅でもできるヨガとかストレッチです。根が不真面目なので、簡単なやつじゃないと続かないと思ったので(笑)

普段生活していると、背中ってあまり動きがなくて使われません。特にデスクワークが多いと、背中の血行が悪くなって、それが背中のダルさや痛みにつながります。

そのため、まずは背中の血行を良くすることを考えてヨガやストレッチを取り入れました。

簡単な内容だけど、かなり効果があります。特に肩甲骨まわりを意識して動かすことで、背中のダルさがスッキリして、体全体が暖まる感覚です。

ヨガやストレッチをはじめてすぐに効果があるわけじゃないけど、毎日続けることで「疲れにくい背中」になっていることを実感してます。

重炭酸イオン配合の入浴剤を使う

woman_ofuro_01

次にこだわったのが入浴(お風呂)です。

普段、湯船にお湯をためて入ることはありませんでしたが、時間のあるときはなるべくお湯に浸かることを心がけました。体全体の血行を良くして乳酸や老廃物といった疲労物質を流すためです。

そしてさらにこだわったのが「入浴剤」です。

ドラッグストアなどで販売されている市販の入浴剤ではなく、重炭酸イオン配合の入浴剤を使うようにしました。

juutansan_05

重炭酸イオンが発生する入浴剤は、筋肉の疲労回復効果が抜群で、温泉治療の先進国であるドイツでも実際に採用されてる治療方法です。

体全体の血の巡りがよくなって栄養素や老廃物が流れやすくなるので、血行が良くなるとダルさや痛みがとれるだけではなく「疲れにくい体」になっていきます。

一日の終わりにお風呂に入って、ストレスと一緒に疲れも流しましょう。

▼重炭酸入浴剤の詳細&購入ページはコチラから▼

オルニチンサプリで背中のダルさを解消する

もし、あなたが

  • お酒をよく飲む
  • 食事の栄養バランスが悪い
  • 睡眠不足が続いている

といった内容に心あたりがあるのなら、オルニチン配合のサプリメントを試してみてください。

オルニチンは、じん臓や肝臓を中心とした内臓の機能を強化する働きがあります。じん臓や肝臓の働きが活発になると、体に溜まった老廃物が流れやすくなって体全体が疲れにくい体質に改善されていきます。

栄養ドリンクのように飲んですぐに効果が出るわけではありませんが、飲み続けることで徐々に効果ができるようになって、寝起きに疲れが残ることなくスッキリ起きられるようになるし、背中の疲れやダルさも気がつくとなくなるようになりますよ。

おすすめのオルニチンサプリ

オルニチンサプリでおすすめなのが、テレビCMでもおなじみの「やわたのしじみの力」というサプリメントです。

しじみに含まれるオルニチンは、内臓の働きを助けてケアする効果あります。特に、弱ったじん臓・肝臓の回復効果は抜群です。

単純に、食材としてのしじみから1日に必要な量のオルニチンを摂取しようとすると、相当量のしじみを食べる必要があって、しじみを食べ続けるのは現実的に無理なことです。

しじみの力には、しじみから抽出したオルニチンが1日に必要な量に濃縮されて1粒に配合されています。毎日続けることだからできるだけ簡単な方がいいですよね。

初回注文なら10日分が1,000円ちょっとで買えるので、ちょっと試したい人にはいいかもです。10日飲むだけでも、寝起きの違いが実感できるはずですよ。

▼初回半額になる「しじみの力」の注文はコチラから▼

背中の痛みやダルさに悩んでいるのなら、ぜひ今回ご紹介した方法を試してみてください。私はこれを習慣化することで、まったく疲れ知らずの体に改善されました。

もちろん、自分でのケア方法を続けても改善しないときは、病院で診てもらうことも忘れないでくださいね。

よろしければシェアをお願いします。