1. ホーム
  2. 疲れの原因と対処法
  3. ≫40代で疲れやすくなる原因とおすすめの解消法

40代で疲れやすくなる原因とおすすめの解消法

私は40歳を過ぎたころから急に疲れを感じるようになりました。

  • しっかり寝たはずなのに寝起きが悪い
  • 日中もなんとなくダルさを引きずっている
  • 育ち盛りの子どもの相手がしんどい

病院で検査しても大きな病気ではないし、更年期でもなさそう。
「やっぱりだんだんと自分で気をつけてメンテナンスしなくちゃいけない年なのね」ということで、自分でちょっとずつ生活習慣を改善して、サプリメントを取り入れるようにしました。

今はその効果もあって、ダルさや倦怠感といった疲れを感じることなく日々元気に健康に過ごしています。

今回は、40代になって疲れやすくなる原因と、私が健康のためにしている対策をご紹介します。疲れやすい体に悩んでいる方は、ぜひご参考にしてみてください。

疲れにくい体にするための対策をすぐに見たい方はコチラ

疲れやすい原因

基礎代謝の低下

疲れやすくなるもっとも多い原因が「基礎代謝の低下」です。

女性は10代の頃から年々代謝が悪くなっていくのですが、代謝の低下で疲れを感じ始めるのが40代。

taisha_graph

基礎代謝が低下すると

  • 血行の悪化(血液ドロドロ)
  • 胃腸機能の低下(消化・吸収の低下)

が起こります。

血行が悪くなると、体の隅々に新鮮な栄養が届きにくくなって、体の細胞からでた老廃物が流れにくくなります。だから普段の生活でも疲れやすくなっていきます。

また、胃腸の機能が低下すると、栄養分の消化・吸収も低下するので、食べ物からとった栄養分のロスが大きくなって、疲れが抜けにくくなります。基礎代謝の低下、これが40代になって「疲れやすくなる」原因です。

■体の代謝をよくすることで、体の疲れは溜まりにくくなる

病気になる前のサイン

疲れは病気になる前のサインでもあります。

私のママ友が入院したときも、そのしばらく前から慢性的な肩こりや背中のダルさを訴えていました。そのときに、上手に疲労抜き・疲労回復をやっていたら、入院するほどひどくならなかったと思います。

慢性的に溜まった疲労は1日2日で抜けるものではありません。毎日のケアをしないと、歳を重ねると病気につながる可能性は高くなります。

■体の疲れはすぐに抜けない。毎日のケアが重要

体の疲れをとる方法

私が健康のために考えたのが

  • 無理はしたくない
  • 続けられる範囲のことをする

ということです。

単純に根が不真面目なので、激しい運動をしたり食事制限をするのは嫌だっただけなのですが(笑) 続けられないと意味がないと思って、簡単なことを取り入れています。

睡眠の質を上げる

当たり前のことかもしれませんが、疲れた体を回復させるために一番重要なのは睡眠です。ただ歳を重ねると、その睡眠の質も下がってきます。

  • 寝付きが悪い
  • 夜中に何度も目が覚める
  • 朝起きるのがつらい

こういった経験はありませんか?

私は、寝付きが悪かったり、夜中に何度も目が覚めることが続いたときは、無理をしないで睡眠補助サプリを飲むようにしてます。

睡眠補助サプリは、睡眠薬や睡眠導入剤とは違うサプリメントです。強制的に眠くするのではなく、気持ちをリラックスさせて良質な睡眠ができるようにサポートしてくれるものです。

睡眠の質が悪くて疲れがとれないと感じているなら、ぜひ睡眠補助サプリを試してみてください。

入浴剤でお風呂に入る

40代で疲れやすくなる原因が血行が悪くなって体に老廃物が溜まりやすくなることです。そのため「血行を改善して老廃物が流れやすくなれば疲れにくくなるのでは?」と考えました。

そのためにまず一番始めやすかったのが「入浴剤でお風呂に入ること」です。

それまでほとんどシャワーで済ませていたお風呂を、時間があるときは入浴剤を入れて湯船に入るようにしました。入浴剤にもこだわって、血行改善効果・疲労回復効果のある「重炭酸イオンの入浴剤」を使っています。

ヨガ

ヨガも始めました。これも「自宅で簡単にできる」が理由です(笑)

でも、このヨガが効果てきめんでした。

ヨガをしたあとは、なんとなく体全体の血の巡りがよくなった感覚でそれがずっと続きます。肩こりも軽くなって、もともと冷え性だった手先もあまり冷えを感じなくなりました。

もちろん後述する「サプリメント」の効果もあると思いますが、ヨガをやったあとは体がスッキリするので、これはぜひおすすめしたい運動です。本やネットの情報で簡単なヨガからはじめてみてください。

サプリメント

睡眠・入浴・ヨガと一緒に始めたのがサプリメントです。

疲れにくい体にするためには最も効果のある方法だし、手軽で簡単に続けられることができるのおすすめです。

もちろん考え方は人それぞれなので「日々の食事を頑張って改善する」というのもひとつの方法。でも、日々の食事だけで、疲れにくい体・病気にならない体にするのは、運動以上に相当努力の必要なことです。それこそ毎日が節制生活になってしまいます。

日々の食事や生活も楽しみながら疲れにくい体をつくる。

そのためには、効率の良いサプリメントに頼る方法もいいんじゃないでしょうか?

疲れにくい体になるおすすめサプリメント

私は今「万田酵素」というサプリメントを毎日飲んでいます。

改めて言わなくても誰もが知ってる超有名なサプリメントですが、きっかけは母からすすめられたことでした。

今年で70歳を過ぎる母ですが、毎日の疲れに悩んでいた私に「いいから何も言わず1年くらい舐めてみな」といってすすめてきたのでした。

万田酵素とは

万田酵素は

  • 果実、かんきつ系
  • 穀物系
  • 海藻系
  • 根菜系

の54種類の野菜・果物を3年以上かけてじっくし発酵・熟成させた商品です。ちょっとした味噌のような量に、1日に必要な野菜・果物・酵素が全部含まれています。

味はちょっとクセのある味噌のような味で、私は最初から美味しく舐めることができました。少し苦手な人もいるみたいだけど、すぐに慣れる味です。

万田酵素の効果

万田酵素を1年舐め続けて、劇的に変わったことが2つあります。

それは

  • 疲れにくい、疲れがとれやすくなった
  • 風邪を一切ひかなくなった

ということです。

それまで、普通の日でも夕方になると疲れがでてきて、子供の面倒をみるのが大変。夕飯を食べて洗い物が終わる頃にはヘトヘトになっていて、次の日起きても朝からダルくて疲れが残っている状態でした。

万田酵素を舐めるようになってから、疲れやすくなることがなくなりました。夕方になっても大丈夫だし、1日が終わるときも余力がある感じ。寝起きもスッキリ起きられて前の日の疲れを引きずることがなくなりました。

また、一番驚いたのが風邪を一切ひかなくなったこと。

ちょっと疲れれば口内炎ができて熱が出て、冬になると必ず咳・鼻水・熱の風邪になっていた私。万田酵素を舐めて1年。口内炎ができることも、熱がでることも、冬になって風邪をひくこともなくなりました。これは自分で本当に驚いています。

ひょっとしたらプラシーボ効果(思い込み効果)もあるかもしれないけど、万田酵素の効果を確実に実感しています。万田酵素を続けてもう3年になるけど、その間風邪をひいたことは一度もありません。

まずは無料サンプルから

万田酵素には、ネットから注文できる「無料サンプル」があります。

バナー原稿imp

続けることで効果があるので、個人的には定期注文して毎日舐めてほしいけど、味とか食感を試したい人もいますよね?そんなときは8日分の無料サンプル(送料も無料)があるので、まずはそちらを試してみてください。

毎日1回、小指の先くらいの量の味噌を舐める感覚です。私は疲れがでそうだな、というときは1日2回飲んだりもしてます。栄養ドリンクではないので、すぐに元気モリモリってわけじゃないけど、これもプラシーボ効果かな(笑) でもそれで、本当に疲れを乗り切ることができるんですよ。

日常生活にぜひ取り入れて欲しいNo.1サプリが万田酵素です。ちょっとでも気になる方は、ぜひ試してみてください。

▼万田酵素の詳細&無料サンプルの注文はコチラから▼
バナー原稿 468×60 (140313)imp

 

よろしければシェアをお願いします。