おすすめのブラジリアンワックスのタイプ

ブラジリアンワックスっていろいろタイプがあるの知ってますか?

単純に商品の違いもあるんだけど、大きくわけて2つのタイプのワックスがあるんですよ。

自分でブラジリアンワックスをするときは、ワックスの違いも知っておいて商品を購入しましょう。

使いにくいブラジリアンワックスを買ってしまうと、結局使わなくなってしまいますからね・・・

ブラジリアンワックスのタイプ

ブラジリアンワックスには、以下の2つのタイプがあります。

・水溶性のブラジリアンワックス
・固形のブラジリアンワックス

水溶性のブラジリアンワックス

水溶性のブラジリアンワックスは、文字通り液体のブラジリアンワックスです。

粘着力のあるワックスを脱毛したい部分に塗って、専用のシートを貼って一気に剥がす脱毛方法です。

水溶性なので扱いやすく、水や濡れタオルで簡単に流せるのが特徴です。

脱毛力も十分、ほとんどのムダ毛を一気に脱毛することができます。

固形のブラジリアンワックス

塗るときは液体なのですが、塗った後に固まって、固まったワックスを剥がして脱毛する方法です。

液体といっても、ピーナッツバターのような固形に近い状態で塗るので、水溶性に比べると少し扱いにくいデメリットがあります。

一方で、鼻毛の脱毛や、お尻のOラインなど、細かい部分の脱毛に扱いやすいメリットもあります。

水溶性と固形はどちらのワックスを選んだらいいのか?

個人的には、腕毛とかすね毛とか普通の肌を脱毛するなら水溶性のブラジリアンワックスがおすすめです。

固形はセルフ脱毛をするにはちょっと扱いにくいし、何より肌への負担が大きいです。

固まったワックスがムダ毛と一緒に肌も固めてしまうので、剥がすときの負担が水溶性よりも大きくて、肌にダメージを与えてしまいます。

水溶性でも肌には負担がかかるんだけど、できるだけ優しいほうがいいですよね。

もし、鼻毛とかOラインとかの脱毛したいのであれば、ピンポイントでそこだけ固形のブラジリアンワックスを使うことをおすすめします。

ワックスを塗って、シートを貼って、剥がす

を繰り返すだけなので、自分で脱毛するときは、できるだけ簡単でキレイに脱毛できるほうが続くし楽しいですよ。

水溶性のワックスの中にも、完全無添加のものから、化学成分が配合されているものもあるので、成分はしっかり選びましょう。

もちろん肌にいいのは、はちみつ・砂糖・レモンのような、自然素材だけで作られた完全無添加のブラジリアンワックスですよ。